読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本ワークシステムの最新情報配信

日本ワークシステムの最新情報配信いたします!

日本ワークシステム調査『インフルエンザ感染予防策』

日本ワークシステム調査『インフルエンザ感染予防策』

 

お待たせいたしました!日本ワークシステムが紹介するインフルエンザ予防についてです!!

 

1.日本ワークシステムが注意するインフルエンザ感染を防ぐポイント!

毎年秋から冬にかけて、インフルエンザ流行シーズン。

高熱や関節の痛みなどを伴い、人によっては重症化するおそれもあります。

防ぐためには、原因となるウイルスを体内に侵入させないことや周囲にうつさないようにすることが重要になります。

感染を広げないために、一人一人が 注意をしましょう。

 

2.日本ワークシステムが教えるインフルエンザの恐ろしさとは?

ウイルスが体内に入り込むことによって起こります。

A型、B型、C型と呼ばれる3つの型があり、その年によって流行するウイルスが違います。

これらのウイルスうち、A型とB型の感染力はとても強く、日本では毎年約1千万人、およそ10人に1人が感染しているようです。

軽症で回復する人もいますが、中には、肺炎や脳症などを併発して重症化してしまう人もいるようですのご注意。

 

3.どうやって感染するの??

飛沫感染

・接触感染

こちらの2種類にて感染するようです。

予防するためには、こうした飛沫感染、接触感染といった感染経路を絶つことが重要です。